角質水虫なので、足の臭いがキツイ・・・どんなケアをしたの?

足の臭いを解決した方法ですが、これは偶然にも足の臭いを解決したのです。私は足に水虫があり、角質水虫なので痒みはなにのですが、皮が剥けたり、角質がものすごく厚くなったりして、一年を通して人に素足を見せることはできないのです。

特に夏は、サンダルを履きたいけど我慢です。そして、水虫退治をしようと、ネットなどで調べていると、クエン酸が効果があるというのです。皮膚科に行くよりもお金はかからないし、効果があるならと思い始めました。

洗面器にお湯を入れて、大さじ1杯くらいのクエン酸を入れます。そして足を20分から30分程度つけるのです。10分くらいするとお湯が濁ってくるのです。

詳しい理屈はわからないのですが、クエン酸によってリンパ液を体外に出すというのです。その時に水虫菌が一緒に出てくるという仕組みだとか書いてあったのです。

そしてクエン酸によるピーリング作用なのか、角質がポロポロとれていきます。そのクエン酸療法を続けること1ヶ月、余分な角質がほとんどなくなり、足がツルツルになってきます。

2ヶ月目になると、足をクエン酸につける時間が10分程度になってきますが、とにかく毎日続けたのです。

足の臭いが気にならなくなったのは、3ヶ月くらい経ってからでした。ちょうど暑い夏だったのですが、だいたいこの時期、靴を脱ぐと臭うのですが、ないのです。

そして、そのままクエン酸療法を続けながら冬になり、この時期にも臭いがあるはずなのに、ないのです。水虫は完全に退治したかはわかりませんが、肌の状態はいいのです。

臭いとは、細菌があるから臭いと聞いたことがあります。もしかしたら、余分な角質から臭いがあったのか、足の裏は汗をかかないらしいので分泌するものがあるのかわからないのですが、クエン酸で、臭いを放つ細菌を退治してくれたのではないかと思います。

水虫も多分かなりいい感じになり、臭いもなくなりました。クエン酸の持つ殺菌作用なのかもしれません。

ただ、やりすぎると皮膚も溶かしてしまうので、足をつける時間、保湿のケアなどは気をつけたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です